LED照明にすると電気代が安くなる?

照明用の蛍光灯や白熱電球は熱を放出するので、電球などの交換を行う場合には火傷に注意をしなければなりません。更に、白熱電球は電源スイッチをオンにした時に球切れが起こりやすく、買い置きをしていないと電気を点けられないなどの不便さもありますよね。特にトイレの白熱電球が切れてしまうと夜中にトイレに行く時には懐中電灯を使ったと言う経験をした人も多いのではないでしょうか。最近はLED照明器具に注目が集まっていますが、LED照明にすると消費電力が少ないため、電気代が安くなるのです。

LEDは身の回りにも活用されています

夜道を歩く時に安心なのが街灯です。住宅地などの場合は電信柱にそれぞれ街灯が設置されているので防犯対策にもなります。この街灯と言うのは時代と伴に変化しているのをご存知でしょうか。昭和の時代は裸電球、時代が変わると蛍光灯になり、現在はLED照明を使った街灯に代わっています。LEDは消費電力が少ないので電気の節約にもなります。更に、白熱球と比較すると寿命が長いので交換頻度が少なくなる、街灯のメンテナンスの回数が減る等のメリットもあるのです。

信号機や行先案内にもLEDが採用されています

道路に設置してある信号機は車用と横断歩道の歩行者用がありますよね。信号機にもLEDが活用されているのをご存知でしょうか。LEDは遠くからでも色の判別がし易い、日中の太陽の光などによる影響が起こり難い、そして消費電力が小さいなどの理由から信号機にLEDが採用されているのです。現在は以前の信号機が設置されている場所もありますが、徐々にLEDを採用した信号機が作用されつつあり、そのシェアー率は高くなっていますよ。そのため、LEDは照明器具以外にも活用されているのです。

LEDライトパネルとは、明るい白色の光を放つLED素子をパネル内側に散りばめた看板のことです。パソコンモニターに近いはっきりとした映像表現が可能で、従来の看板にはない訴求能力を持ちます。