がんは治せる時代になっている

がんは現代においても死亡原因のトップであり、種類によっては死亡率も高いです。しかし、医療もどんどん進歩しており、早期発見であればかなりの確率で根治できるようになっていますし、治療の種類も豊富になってきています。治療の種類が豊富ということは、患者が自分で自分の受けたい治療を選ぶことが出来ることにもつながりますし、症状によってベストな治療を行うことが出来ることでもあります。がんは治る時代になっているといえるのではないでしょうか。

がんの標準治療とは?

がんになった場合の標準治療ですが、基本的には3大治療と呼ばれる3つの治療法を単独、もしくは複合して行う治療方法になります。ではその3種類ですが、まず一つが手術です。手術は外科的治療で、がんを切除する方法ですよね。2つ目が化学療法と呼ばれるものです。化学療法は抗癌剤治療でもあり、点滴などによって治療を行っていくものになります。最後の3つ目が放射線治療と呼ばれるものですね。放射線によってがんを小さくしたりする効果が期待できるものになります。

がんの先端治療とは?

がんの先端治療とはどのようなものかというと、公的医療保険が適用されない新しい治療方法とイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。主な先端治療としては「遺伝子治療」「免疫療法」「粒子線治療」などがあげられます。医学の進歩はめざましく、細かく見ていけば10種類は優に超えるものが存在しているのです。これらの治療は効果はもちろんですが、副作用が従来の抗癌剤治療などと比べて少ないなどのメリットもあると言われているものになります。

がん先端治療は効果的な新しい治療を受けられる一方で医療保険が適用されないことが多く、高額な支出が生じます。そのため、事前に任意保険への加入など金銭面の負担を抑える工夫が必要になります。