酸洗いとは何をすること?

酸洗いというものがいったい何かというと、溶接や金属の熱処理、ロウ付けなどで出来たさび、焼け、酸化皮膜、不動態皮膜、スケールなどを硫酸や塩酸で除去していく作業のことをいいます。そういった作業をすることで後々の研磨作業の手間を省いたり、素材そのものを綺麗にすることが目的です。酸洗いはメッキの前処理を行う時に必ずやります。酸処理が充分じゃないとメッキの密着不良になるからです。チタンの研磨をするときも酸洗いを行なわないと光沢がでません。

酸洗いをするうえで気をつけること

酸洗いは銅合金、チタン、NT、ステンレス、鉄鋼などの金属の種類にあわせて、使用する酸の種類や混合比、温度、濃度、時間を設定します。もしこれらを間違えると全く酸洗いの効果がでないどころか、素材の表面がガタガタに荒れたり、溶けて製品そのものが無くなってしまったりしてしまうので気をつけましょう。素地が溶けすぎないように抑制剤を使ったり、素地の汚れの影響を弱めるために界面活性剤を使ってみるのもいいでしょう。

酸洗いのまとめと注意点

こうやって見てみるとそれなりに簡単そうにも思える酸洗いですが、素人の方にはあまりおすすめできません。酸が誤って目に入ってしまったり、有毒な亜硝酸ガスなどが発生する場合もあったりと危険な面も多いからです。無事に作業が終わったとしても、酸洗い後にできる廃液を未処理で下水や川に流すなんてことも絶対にしてはいけません。酸洗いが必要であれば、出来るかぎり排気設備や廃水処理施設のある専門の会社のお願いするのがベストだと思います。

錆や塗料などを除去する酸洗いは過度に繰り返すと製品を傷めてしまうことがあります。使用する薬剤の濃度や用量を厳守し、製品にも傷や損傷が無いことを確認して慎重に作業を行うことが大切です。